プロミスの審査・在籍確認・即日融資

プロミスについての疑問は何でもおまかせ!

当サイトでは、プロミスでお金を借りる前に知っておきたいことを詳しく丁寧に解説します。
特に初めてお金を借りるのは不安ですよね。
あなたもこんな疑問はありませんか?

 

  • 審査は厳しいの?私でも借りられる?
  • 在籍確認の電話はあるの?職場には内緒にしたいけど。。。
  • 家に郵送物は送られてくる?家族にバレないように借りたい!
  • 今すぐお金が必要!即日融資は本当に今すぐ借りられる?
  • 金利は安いの?高いの?計算方法は?

 

プロミスの利用は向いている人もいますが、残念ながら向いていない人もいます。
何も知らずに利用して、後で後悔することのないように当サイトに一通り目を通していただければと思います。

 

目次
1.審査について

  • 申し込みできる人とできない人
  • プロミスの審査基準
  • 他人事ではない総量規制という制度

 

2.在籍確認について

  • 在籍確認って何?
  • 勤め先に電話がかかってきても大丈夫な理由

 

3.郵送物の有無について

  • 郵送物ゼロは可能です!
  • 郵送物ゼロのデメリットはある?
  • 注意!郵送物が送られてくるパターン

 

4.即日融資の流れ

  • 最短でどれくらいかかる?
  • 今すぐ借りたい!一番早く借りる手順はこちら

 

5.金利について

  • 金利が年17.8%ってどういうこと?安いの?
  • たとえば10万円借りた場合

 

6.会員サービスで使える便利機能

  • キャッシングのサービス
  • 返済のサービス
  • 各種サービスの申込

 

7.【まとめ】プロミスがおすすめなのはこんな人

 

1.審査について

申し込みできる人とできない人

実はプロミスは誰でも利用できるというわけではありません。
審査に通るか通らないか以前に申し込みができない場合がありますので、自分が当てはまっていないか確認してください。

 

申し込みができない人

  • 20歳未満の人
  • 70歳以上の人
  • ご本人の収入が安定していない

 

年齢制限

プロミスだけではなく、他社でも年齢制限はあります。
20歳から69歳の年齢の方でないと申し込みができません。

 

収入

ご本人に安定した収入が無ければ借り入れができません。
安定した収入とは、定期的に収入が入る状態のことです。

 

会社員(正社員・契約社員)

会社にお勤めで毎月給料が入っている方は問題なく申し込みはできます。
また、必ずしも正社員である必要はありません。
契約社員でもOKです。

 

アルバイトをしている学生・フリーター

安定した収入がある方でしたら、アルバイターでもOKです。
金額の大小よりも、コンスタントに収入が入っているかが重視されます。
単発のバイトを不定期にしている方は申し込みできない可能性があります。

 

パートで働いている主婦

主婦の方でも仕事をしている方であれば申し込みは可能です。
しかしプロミスの場合、専業主婦の方は申し込みできません。
あくまでもご本人の収入を重視される為です。

 

プロミスの審査基準

ネット上の口コミを見ていると、プロミスの審査は通りやすいという声と通りにくいという声の両方が聞こえてきます。
実際のところどうなのかとても気になりますよね。
しかし、残念ながらプロミスに限らず審査の基準を公開しているカードローン会社はありません。
本当のところはプロミスの審査担当者のみぞ知るところとなっています。

 

しかし、ある程度予測することくらいはできます。
審査をする上で一番重要な基準となっているものは、お借入れ診断で入力する項目でしょう。
なぜなら、お借入れ診断の結果と実際の審査の結果が全然違かったら困りますよね。
お借入れ診断では生年月日、年収、現在の借入金額を入力します。
これらの情報からプロミスが知りたいのは、あなたに返済能力があるかということです。

 

実際の審査では、上記以外の項目も当然チェックされます。
過去に金融事故を起こしていないか、嘘の申告をしていないか等も見られるでしょう。

 

お金を貸す側の立場に立って考えると、貸し倒れのリスクがある人に大金を貸すという危険は極力避けたいものです。
特に、下記の項目に当てはまっていないかは確認しておいた方が良いでしょう。

  • 定期的な収入がない
  • 他の消費者金融からの借り入れ額が年収の1/3に達している
  • 過去に債務整理をしたことがある
  • 過去にローンの借り入れ等で長期延滞したことがある
  • 反社会勢力に属している
  • 審査の時に嘘の情報を記入している

 

お借入れ診断の結果が「ご融資可能と思われます。」となり、
なおかつ上記の項目に当てはまっていないようなら審査を受ければ通る可能性が高いです。

 

 

他人事ではない総量規制

貸金業法という多重債務の問題を解決するために施行された法令があります。
法令と言われると拒絶反応を示す方も多いかと思われますが、貸金業法の中で総量規制だけは押さえておいてください。

 

借り入れできる総額は年収の1/3まで

年収が300万円の方は100万円までしか借り入れができないということです。
月7万円のアルバイターの方は年収に換算すると84万円です。
84万円の1/3なので、借り入れができる総額は28万円までということになります。

 

専業主婦(主夫)の借入は配偶者の同意が必要

専業主婦の場合は収入がありませんので、夫の同意が必要です。
法的に借り入れできる上限は夫の年収の1/3です。
※プロミスの場合、夫の許可があっても専業主婦の借入はできません

 

一定額以上は収入証明書が必要

希望借り入れ額が50万円を超える場合と
他社との借り入れ額の合計が100万円を超える場合は収入を証明する書類が必要です。
給料以外の収入がない方は給与明細でOKです。

 

これは総量規制の対象外
  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 銀行が提供しているカードローン
  • おまとめローン

 

これらの借入は総量規制の対象外です。
既に借入があるからと言って諦めずに、まずは審査を受けてみることをおすすめします。

 

2.在籍確認について

在籍確認ってなに?

プロミスを利用する条件として、本当に本人が申し込んでいるのかを確認するため勤め先を入力するのですが、そこで本当に勤めているのかを確認するための作業が在籍確認です。

 

在籍確認はプロミスの担当者が勤め先に直接電話することで行います。
職場の人にプロミスを利用していることを知られたくないんだけど・・・。という方もいらっしゃいますよね。

 

大丈夫です。
プロミスから在籍確認の電話はかかってきますが、会社の人にバレることはありません。

 

 

勤め先に電話がかかってきても大丈夫な理由

プロミスから勤め先に電話がかかってくる際、「プロミスですが〇〇さんいらっしゃいますか?」とは言わず、担当者の個人名でかかってきます。
担当者の方が田中さんの場合は「田中と申しますが〇〇さんいらっしゃいますか?」といった具合にです。

 

もしその場にあなたがいなかったとしても、会社の人が「席を外しております」と答えてくれたら、それで在籍確認は完了です。
その場にあなたがいて電話を代わったとしても、相づちを打てば済むような会話で終わりです。

 

プロミスを利用する際には在籍確認は必要不可欠ですが、それほど恐れるようなことではありません。
消費者金融を利用していることはできれば知られたくないことですし、プロミスの担当者もそれは分かっています。
どうしても不安な方は連絡方法(日時、担当者の性別等)を相談してみるといいでしょう。

 

3.郵送物の有無について

郵送物ゼロは可能です!

カードローンの利用を家族に知られたくない方は、郵便物に気をつけましょう。
プロミスからの郵便物には「プロミス」という名前は入っていませんが、勘のいい方がご家族にいた場合はすぐにばれてしまいます。
そのようなことのないよう、できれば郵送物は一つも送られてこない方法を選択しましょう。

 

プロミスではWEBを利用をすれば郵送物が一切ない契約が可能です。

 

WEBで申し込みの際に返済方法を口座振替(口フリ)にして、カードなしを選択すれば基本的に郵送物は送られてきません。
カードも発行しなくて済むので、家族に財布の中身を見られてバレる心配もないですね。

 

郵送物ゼロのデメリットはある?

郵送物が一切送られてこないようにできるとはいえ、いくつかの条件とデメリットがあります。
きちんと確認しておいてください。

 

借り入れ方法は銀行振り込みのみ

カードレスで借り入れをする場合は提携ATMでの借り入れができません。
借り入れの方法は登録した銀行口座への振り込みのみとなります。
いますぐにパッと現金を手にしたいという人にとっては煩わしいです。
また、通帳を家族に見られるとすぐにわかってしまいます。
通帳は自分で管理するようにしてください。

 

返済方法は口座振替(口フリ)のみ

返済方法も登録した口座からの引き落としに限定されます。
この場合も通帳の記帳を家族にバレないようにしてください。

 

借入額に応じた決められた金額でしか返済ができない

プロミスの返済は「残高スライド元利定額返済方式」といい、最終借り入れ残高に応じて返済が変動する方式です。
また、通常は都合に合わせて設定された以上の金額も上乗せして返済することができます。
しかし、口座振替については上乗せができません。
余裕ができたときに返済したいという人にとってはデメリットかもしれません。

 

カードは後からでも発行可能

もし上記のようなデメリットがあると問題があるようでしたら、後からカードを発行してもらうことも可能です。
プロミスの窓口や無人契約機まで出向けばカードの受け取りが可能ということです。
あなたの家族の行動パターンに合わせて、不都合のない方法で利用してください。

 

注意!郵送物が送られてくるパターン

いくら郵送物なしの設定をしたとしても、家族にバレるのが避けられないケースもあります。
それは、支払いに遅れが生じた場合です。
返済が遅れて即郵送物が送られてくるとは限りませんが、支払いの遅れが生じ、電話連絡もつかなかった場合は高確率で送られてきます。
返済がどうしても遅れる場合はかならずプロミスコールに電話を入れましょう。
無断で遅れると、遅延利息が発生するだけでなく、あなたの信用も落ちる可能性があります。

 

4.即日融資の流れ

最短でどれくらいかかる?

今すぐにお金を借りたいという方は、WEBの申し込みが一番早いでしょう。
(今プロミスの窓口や無人契約機の目の前にいる方はそちらの方が早いです。)
最初の必要事項入力に10分、審査に30分、本人確認書類送付に5分程度かかります。
審査の時間はその時の状況により様々ですが、早ければ全部合わせて1時間以内に融資を受けることができます。

 

しかし、WEBの申し込みで振り込みの融資の場合は平日14時までに契約を完了させる必要があります。
もしそれが難しいようであれば下記の2通りの方法があります。

 

窓口や無人契約機でカードを受け取り

WEBで審査が完了していれば、近くの窓口か無人契約機に行けばカードを受け取ることができ、その場で借り入れをすることができます。

 

三井住友銀行・ジャパンネット銀行で瞬フリサービスを利用

三井住友銀行かジャパンネット銀行を登録している方は瞬フリというサービスを利用できます。
これは24時間、土日祝日も即時振り込みが反映されるサービスです。
どちらかの口座を持っているかたはかなり有利になります。

 

 

今すぐ借りたい!一番早く借りる手順はこちら

WEB申し込みをする手順を紹介します。
基本的にはPCもスマホも共通です。

 

1.プロミスの公式サイトへアクセス

 

>プロミスの公式サイト<

 

2.新規お申込みをクリック

 

3.入力が早い人は「フル入力」最低限の入力で済ませて後は電話でという人は「カンタン入力」を選択しましょう。

 

4.必要事項を入力します。「カンタン入力」を選択した人は希望連絡時間の欄は「なるべく早く」を選択してください。

 

5.「カンタン入力」の人はオペレーターから電話がかかってくるので、質問されたことに答えます。
  「フル入力」の人は入力後すぐに審査を行っています。審査結果の連絡が来るまで待ちます。

 

6.書類提出依頼のメールが送られてくるので、身分証明書の写真を撮り送ります。
  50万円以上の借入を希望する人、または他社との借り入れ額が合計100万円を超える人は収入証明書が必要です。

 

7.希望の方法(電話かメール)で結果が届きます。

 

8.会員サイトにログインして取引を開始します。

平日14時までに審査が完了した場合

すぐに銀行口座を登録し、振り込みで融資依頼をしましょう。
当日中に振り込みされます。

 

三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座をお持ちの場合

瞬フリサービスにより24時間いつでも瞬時に融資が受けられます。
(メンテナンス時間を除く)

 

上記2つに当てはまらない場合

近くのプロミスの窓口か無人契約機まで行ってカードを受け取りましょう。
その場で借り入れが可能です。

 

5.金利について

金利が年17.8%ってどういうこと?安いの?

プロミスのフリーキャッシング(通常の借入)の金利は100万円未満の場合17.8%です。
多くの消費者金融の金利は年18%であるのを考えると、プロミスは0.2%安いです。
微々たるものなので大きなアドバンテージはありませんけどね。

 

たとえば10万円借りた場合

年利の計算は少しややこしいので、わかりやすく10万円借りた場合で考えましょう。
100,000円借りたら1年間(365日)で17.8%利息がつくということです。
つまり返済を考慮しなかった場合、1年後の利息は17,800円になる計算です。
ざっくり1月あたりで考えると17,800円÷12ヶ月=1,483円ということになります。

 

プロミスは「残高スライド元利定額返済方式」を採用しており、借り入れ残高に応じて返済額が変わります。
30万円以下の場合、月々の返済額は 借入残高×3.61%(1000円未満切り上げ)となります。
なので10万円の借り入れの場合は 100,000円×3.61%=3,610円
1000円未満切り上げなので、月々の返済額は4,000円です。

 

つまり最初のうちは4,000円のうち1,483円が利息ということになります。
追加の借入をしなければ残高は減っていくので、利息の割合は毎月少なくなりますが、余分に返済できる月はできる限り多めに支払いをした方が最終的な支払い金額は少なくて済みます。

 

6.会員サービスで使える便利機能

キャッシングのサービス

瞬フリ(振込キャッシング)

あなたの銀行口座へ振り込みで融資をしてくれるサービスです。
スマホやPCがあれば24時間どこにいても手続きが可能です。
もし銀行の営業時間外に手続きをした場合は、翌営業日の取り扱いになります。

 

三井住友銀行かジャパンネット銀行の場合は10秒振込!

もし登録するのが三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座であれば、申し込み後10秒で振り込みが完了します。
深夜でも土日でも関係なく融資が受けられるので安心ですね。

 

三井住友VISAプリペイドへのチャージ

プロミスの申込時に三井住友VISAプリペイドというカードも一緒に契約ができます。
(後から追加で申し込むことも可能です。)
これは平たく言うとクレジットカードと同じように使えるプリペイドカードです。
VISAカードが使える店であればたいてい利用できます。
ネットショッピングでも利用できるので、クレジットカードを利用するのは不安という人におすすめです。

 

プロミスの会員サービスにログインすればいつでも手数料無料でチャージができます。

 

返済のサービス

インターネット返済

インターネットバンキングを利用して返済ができるサービスです。
利用できるのは下記の5種類です。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行

忙しい方や家から出られない人におすすめです。
手数料無料で利用できます。

 

口フリ(口座振替)

口座振替でも返済ができます。
給料が振り込まれる口座を登録しておけば、わざわざ毎回返済の処理をしなくても自動的に引落しされます。
つい返済を忘れてしまいそうという方は必ず登録してください。

 

返済日お知らせメール

返済日の前にお知らせメールが届くサービスです。
返済が遅れるとあなたの信用を失ってしまうことにもなります。
お知らせメールを利用する等して確実に返済期日に間に合うように工夫してくださいね。

 

各種サービスの申込

利用限度額変更申込

更に限度額を増やしたいという方は増額の申請を会員サービスから行うことができます。
再度審査が行われ、通れば更なる借入が可能となります。

 

ポイントサービス

ポイントサービスに登録すると、毎月のログインやお知らせの確認等をする度にポイントがたまります。
溜まったポイントはATMの手数料が無料になるサービスや無利息サービスに利用することができます。
もちろん無料で登録ができますので、登録しないと損です!

 

6.【まとめ】プロミスがおすすめなのはこんな人

消費者金融と言えば?という聞かれたら、おそらくかなりの割合の人がプロミス!というのではないでしょうか。
シェアで言ってもアコムと並んでトップクラスですし、大手ならではの安心感があります。

 

審査は大手だけに厳しめですが、サービスも充実しており、金利が他社より少しではありますが安く、即日融資にも対応しているので、
選択肢としてはまず第一に考えて良いのではないでしょうか。

 

  • 安心して借入ができる消費者金融から借りたい人
  • スマホで借入の手続きがしたい人
  • 今すぐにお金が必要な人

 

特にこんなあなたにはピッタリな消費者金融です。
他にも様々なカードローン会社がありますが、一番使い勝手が良くて痒い所に手が届くサービスを提供しているのはプロミスでしょう。

 

こちらから今すぐ申込できます。